HOME  >  料金&お薬について

料金&お薬について

料金について

漢方薬はご相談後にお体に合ったものを通常2~3種類お選びし、飲みやすいように分包してお出しします。
お値段は、一日分600円~700円前後です。1か月分で、2万円前後になります。

不妊症の場合は、お出しするお薬が多くなりますので、通常1か月分2万5千円~3万円くらいになります。

当店は保険は適用できませんのでご了承ください。

初回は、様子を見るために、通常2週間程度処方いたします。当店は相談料はいただいておりませんので、初回のお支払いは1万円前後になると思います。

2週間後に来ていただいて、調子が良ければ同じ処方で続けますが、効き目が弱すぎたり、強すぎるように感じる場合は、変更することもあります。

忙しかったり遠方でなかなか来れない、という方には長期でお出しすることもできますので、お申し出ください。

その他、ご予算もご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

漢方薬について

当店で扱っている商品(漢方薬、健康食品、健康茶、化粧品など)は全て自然のものから作られています。化学合成のものはありません。ここでは漢方薬について簡単にご説明します。

植物の葉・茎・枝・実・花・根や、動物の体の一部、菌類、鉱物や昆虫など、人間の体に作用するとされた物質を乾燥したり、細かく刻んだりして、便利な形に加工したものを「生薬」といいます。その生薬を2種類以上決められた分量で組み合わせたものを漢方薬といいます。

漢方薬の生薬の組み合わせは(処方)は、何千年もの長い歴史の中で実際に試され、効果が高いと証明されたものだけが現代に残っています。本場中国では、処方数は数百にも及ぶといわれていますが、現在、日本で認可されているものは約200種類程度といわれています。

お薬の剤型について

漢方薬は煎じ薬、エキス剤、散剤、丸剤など色々な剤型があります。

処方名で「~湯」、「~飲」という名前のものは煎じて飲む形が一番効くと言われています。「~丸」という名前の処方は丸剤で、「~散」という名前の処方は散剤で飲むのが一番効果的と言われています。

昔は漢方薬といえば、煎じ薬が主流でした。しかし近年の中国の経済発展により、生薬相場が高騰し、煎じ薬が大変高価になってしまいました。また、煎じる手間や、煎じている時の匂いなど、現代のライフスタイルには合わなくなってきてしまっていることも否めません。

気軽に長く続けていただくために、当店では、主に散剤、丸剤、エキス剤を中心にご用意しています。



お問い合わせ